暗号通貨に関する事など

暗号通貨に関する覚書など。メモや日記。

※技術的なことに関して、間違っていたらコメントから指摘していただけると泣いて喜びます

【仮想通貨NEM】 NEM2-CliでCatapultネットワークに触れる1

はじめに

 仮想通貨NEMのシステムをアップデートさせるために必要な中核機能Catatpultがオープンソース化してしばらく経ちました。Catapultは中核機能であり、エンジンのようなものなので、NEMとして使えるように部品を付けたり設定を変える作業が残っているので、NEMのネットワークがアップグレードされるのはまだ暫くかかるかなと思っています。



catapult-server 各ライブラリ・ツール群の公開されているGithubページ


 ちなみに、NEMのノードは"NIS ( NEM Infrastructure Server )"と呼ばれ、アップグレードに伴い、現在のノードとCatapultを積んだノードとを区別するために、現在のノードをNIS1、Catapultを積んだノードをNIS2と呼んでいます。


 また、Catapult共に、それを利用するためのツール・ライブラリ群もまとめて公開されました。NEM2-SDK( NEM2 Software Development Kit )やNEM2-Cli( NEM2 Command Line Interface )などです。


 そしてそれらのツール群に加えて、TechBureau社のGithubから勉強用に、Docker-composeを利用してローカルPC上に小さなmijinテストネットワークを作れるCatapult Service Bootstrapが公開されています。


 今回は、それらを利用して...

  1. ローカルPC内のDocker仮想環境上でmijinネットワークを作り
  2. NEM2-Cliを利用してCatapultの機能を利用してみる

 までのことを記事にしようと思っています。


 なお、長くなると思うので記事は別れると思います。



NEMとmijinとCatapult

 実際の手順を書く前に、これを説明せねばと思っています。


 今回、仮想環境上に小さな " mijin " ネットワークを作り、 "  NEM2-Cli  " を使い、 " Catapult " サーバーと通信をしてみるわけですが、そもそもそれらの関係が分かっていない人も少なくないと思うので、図にしました。


 図のとおり、NEMもmijinも同じCatapultという中核機能を利用しているため、その中核機能を利用するだけのクライアントプログラムは、NEMでもmijinでも動くことを意味します。


 また、逆に、NEM独自に追加・制限された機能はmijinクライアントでは利用できず、mijinで構成された各ネットワークに独自で追加・制限された機能がもしあればその機能は、NEMクライアントでは利用できないことも意味します。


 今回は、Catapultの中核機能だけを利用するので、mijinネットワークでNEM2-Cliが利用できるということです。



長くなったので今回はここまで(続く)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。