暗号通貨に関する事など

暗号通貨に関する覚書など。メモや日記。

※技術的なことに関して、間違っていたらコメントから指摘していただけると泣いて喜びます

【仮想通貨NEM】NCCに入ったウォレットデータの救出

NCCが使えなくなりました(はじめに)


Happy Hard Fork !!!


 はい。NEMが新しい手数料体制に移行するためにハードフォークを行いました。とても手数料が安くなったと思います。


 さて、バージョン0.6.93でもうひとつ大きく変わったことが有ります。それは、事実上のNCCの廃止です。これからは皆がNanoWalletなり、有志の方が作ったクライアントソフトなりを使ってNEMに触れることになります。


 ではここで、0.6.93(standalone版)とそれ以前のパッケージの中身を見てみましょう。見てみるのは下の画像にある「mon」というフォルダの中身。(nccの中身も同様になっています)


 まずは古いパッケージから(下記図参照)


 つづいて最新のパッケージ(下記図参照)


 はい。おわかりでしょうか。中身が無くなっています
 そのため、最新版ではNCCを動かそうとしても動きません。何故ならデータがないから


 ここでNCCユーザーは不安に思うのではないでしょうかNCCからNanoWalletに移行していないデータはどうなるんだと。


 結論から言うと移行しなくてはいけません。その方法をこれから書いていきます。



NCCからNanoWalletへのウォレッドデータの移行

 まず、NCCでウォレットデータにアクセスする必要が有ります。しかし、最新版のパッケージにはNCCデータが無いので、旧版のパッケージをDLしてそれを使いましょう。まだパッケージ自体を更新しておらず、旧パッケージが残っているのであればそれを使っても構いません。



ここからDLしてください(nis-ncc-0.6.91.tgzかnis-ncc-0.6.91.zipお好きな方で)



 DLしたら解答してパッケージデータからNCCを単体で起動させましょう(NISは要らないので)



 旧パッケージでNCCを実行しても、今までのように勝手にブラウザが開いてくれないはずです。なので普段使っているウェブブラウザのURL欄に「localhost:8989」と打ち込んで"いつもの画面"を起動しましょう。


 ここまでくれば基本的なNCCの操作です。画像でどんどん説明していきます。



 ウォレットデータに入ると、NISが動いていないと警告が出ますが無視しましょう。残高等も表示されませんが、NISが動いていないので読み込めないだけなので気にしなくて良いです。



 「Export for LightWallet」でエクスポート



 パスワード入れたら拡張子が「.json」のファイルを保存するように言われるはずです。それがウォレットファイルです。


 拡張子がjsonのファイルを保存したらNCCは要りません。ブラウザを閉じてNCCを強制的に止めてしまって構いません。(わからなければ移行後にバックアップをとってPCごと再起動すれば良いです)。


 拡張子がjsonのデータを保存したらそのデータをNanoWalletでインポートしてください。「データの変換云々」言われると思いますが支持に従ってください。それで移行は完了です。


 以上です。



最期に

 今回NISが不要なのでNCCだけを動かしましたが、それまで使っていたのと同じようにrunMonで全てを起動しても構わないと思います。しかし、どちらにしてもハードフォークしたということは古いパッケージは使えないと考えるべきなので古いパッケージを使用するのはウォレットデータを救済するときだけにしておいてください。

【仮想通貨NEM】 8/1まで 投票せよ NanoWalletのVoting機能

 NanoWallet 1.4.3でメインネット向けに新しくリリースされた投票機能と、今回早速行われている投票案件について説明します。


【今回の提案の投票期日:〜2017/8/1 (あと5日)】


新たに追加されたVoting(投票)機能とは?

 最初に、Vote機能に関して簡単に説明しておきます。今回NanoWalletに追加されたVoting機能について、ユーザーは主に2種類の投票を使い分けることとなります。


 ■ PoI投票
 各アカウントの一票の重さをそのアカウントのインポータンスとし、投票を行う。

■ 特徴

・ 最終結果は投票期限の最期の状態のインポータンスで集計されるため、投票期間中に自らが投じた一票の重さが変動する。


・インポータンスを集計しているので、アドレスを無限に生成して投票を行っても、全く意味がない。



 ■ ホワイトリスト投票
 予め決めておいたアドレスでホワイトリストを作成し、そのアドレスからの投票を、1アドレス1票として集計する。

■ 特徴

・ ホワイトリスト外のアドレスから投票を行っても集計されない。

・ PoI投票と違い、一票の重さが同じ。



 何はともあれ触ってみたほうが早いです。



今回参加する投票について

 さて、この記事で今回参加する投票はこちら。



Google翻訳にかければ十分読めます。その際、出資金が2400万xemとなりますが、正しくは240万xemです。翻訳機が間違えているようです。注意。


 要するに今回の投票は「LuxTugをユースケースとして売り出していくために、NEMコミュニティがプールしてる資金から240万xemを段階的に支援していこうと思うんだけど、皆どう思う?」ということです。



LuxTugって何?

貴方が買った高級腕時計、はたして本物ですか?偽造品でないか、確認が取れるとより安心して買い物が出来ると思いませんか?その商品がどこから来たものなのかを確認するための仕組みを提供するのがLuxTugというサービスです
〜みじんこによる要約〜

LuxTag.io powered by NEM Blockchain | A brief explainer video



 企業や団体がEthereumやBitcoinを利用したサービスを始めるのに比べ、NEMを利用したサービスを始めるにあたって憂慮されると思われるのが「前例が少ない」ということであり、その前例を作ってくれることが期待されるLuxTugはコミュニティとしても積極的に推していきたいサービスであると考えているのです。



投票してみよう

 ここまで、NanoWalletの新機能と今回投票を募集している提案(LuxTugへの支援)について説明しました。ここからは実際に投票する方法について説明していきます。


1. NanoWalletのバージョンの確認
 Vote機能は1.4.3からの新機能です。下記図の青枠部分を確認して、1.4.3になっていることを確認しましょう。


 バージョンが古い方は下記リンクを参照してバージョンアップしてください。



2. サービス→Voting→提案内容
 サービスから…

 Voting…

 今回投票する提案内容…


3. 投票
 yes,noのラジオボタンにチェックを入れて、パスワードを入力後、Voteをクリック。(トランザクション発行分だけxemを消費します)


 すると、投票用のトランザクションが発行され、メッセージがポップされます。投票に関する操作は以上です。


4. 投票状況の確認
 Resultsから現在の状況を確認できます。



他の提案

 今回、LuxTugへの支援についての意見収集としての投票に参加しました。私が投票した時にはまだリストに上がっていませんが、予定として控えている投票もあるようです。


 実際にリストに上がったら別途記事を書くかも知れません。



所感・さいごに

 新しくNanoWalletに追加された投票機能ですが、これによりコミュニティ意見を集めることが出来るようになりました。


 ただし、投票に関しては投機勢や大きなインポータンスを保持しているであろう取引所などが投票に参加しない可能性は十分に有り、どの程度の票(インポータンス)が集まればコミュニティの意見を十分収集できたとみなして良いのか分かりかねる部分があるのではと考えています。


 なので、今回の投票は実験的な意味合いも強いと感じています。結果が楽しみですね。

新しいNanoWalletを触ってみた [Linux版]

 結構前にNanoWallet 1.4.0版出ましたね。皆さんアップデート済んでますか?

 (まだの方はこちらを参照してください)


 で、1.4.0から実験版として新たにWindows,Mac,Linuxとで各OSに合わせた新しいNanoWalletのパッケージが配布されるようになりました。


 今までのブラウザから開くNanoWalletと何が違うのかと言われると、ウォレットとしての機能は特に何も変わりません。なので、なんだか良く分からない、とにかくパッケージが軽いほうが良い、という方は「UNIVERSAL CLIENT」が今までのウォレットと同じ構造のものになるので、そちらを使えば良いと思います。


 新しいパッケージは、簡単に言えば「NanoWalletをアプリケーション化してブラウザから独立させたもの」なんですね。

引用元URL(DLもこちらから):https://www.nem.io/install.html


 で、触ってみたので使い方なんかを簡単に(といっても標準的な操作をするだけですが)説明していこうと思います。


 今回はLinux版の説明をしますが、WindowsやMac版でも使い方は大して変わらない(実行ファイルがわかればそれを実行するだけ)と思うのであまり難しいこと考えずにとりあえず触ってみると良いと思います。



使い方

 至って標準的な操作なので、ほぼ画像だけで説明します。


1.パッケージを解凍して

2.実行ファイルを実行すれば・・・

3.はい!!!

 はい。以上です。一々実行ファイルのある場所まで行くのが面倒な方はパスを通すなりをすれば良いと思います。ほんと、操作に関して説明するのはそれだけです。



ウォレットデータの保存場所

 今までは各ブラウザのローカルストレージ(キャッシュ)に保存されていました。では、このパッケージではどこに保存されているのでしょうか…


 結論を言うと、
 /home → .cache → NanoWallet
 ここに保管されています。


 これはつまり、このパッケージでは普段使っているブラウザのローカルストレージに依存しない構造になっているんですね。なのでうっかりブラウザのキャッシュを消してしまっても消えないということになります。


 Linuxしか見ていませんが、Windowsでも大体同じような場所に保存されているかと思います。



で、どちらを使用すれば良いのか

 現状ではどっちでも良いと思います。


 メリットデメリットとしてはダウンロードしてみると分かりますが新しいパッケージは容量が大きいことがデメリットになると思います。が、キャッシュを独立して管理できるのは良いかも知れない。


 まぁでも個人的にはやっぱりどっちでも良いと思います。


 (詳しい人教えてください。)



乗り換えるには?

 乗り換えるには新たにウォレットをインポートする必要があるので、バックアップファイルを新たにインポートしましょう。



アップデートは?

 前述したとおり、ウォレットデータは .cache に入っており、パッケージから分離されているので、パッケージをまるごと新しく取り替えればよいです。不安であれば、古いバージョンのパッケージを消す前に、ダウンロードした新バージョンを起動してみると解ると思います。ウォレットデータがそのまま引き継がれているはずなので。



最後に

 これを書かないと締まらないのでシメの言葉を、と思いましたが、特に無いです。NISもNanoWalletも頻繁にアップデートされてて良いなーと思ってます。以上。